2010年06月27日

上半期を終えて

昨日、TOHOシネマズ ららぽーと横浜で映画「音楽人」を観て来ました。

上映後の桐谷美玲さんのトークショーを目当てに。

そんなキリタニさん、めちゃカワイイかったなぁ〜ハートたち(複数ハート)
めっちゃ細くて揺れるハート
めっちゃ顔ちっちゃくて黒ハート
そうそう、会話もブログのまんまな感じでるんるん

最前列のほぼ正面のいんぱらドキドキで極限状態でしたが(笑)

船橋では監督とキリタニさんが席に座って記念撮影してましたが、横浜ではいんぱらの隣が2個座席空いてたんだけど、本当はそのためだったんじゃなかったのかなぁ・・・
残念。

さて、肝心な作品の方ですが、概ね良かったです。
キリタニさんの魅力がたっぷりつまっていて満足です。
ストーリーとかドラマ部分は頑張ってる感じが初々しいです。

ただ、音楽とかバンドとかを題材にしている作品としては、演奏の本気さが伝わってこなくてもったいないなぁと思いました。
バンドのカッコよさ、が感じられず・・・
佐野和真くんの無表情で動きの無いとこが、ただ歌ってるだけにしか見えないんだよね・・・
例えば、比較するのはどうかと思うけど、「ソラニン」では役者3人(本職の人を除いて)ともスタジオやライブでのいきいきとした演奏を魅せてくれたし、これからやる「BECK」も予告とか見る限りではなかなかの演奏してるんだよね。
「少年メリケンサック」だっておじ様たちがかなりのパフォーマンス魅せてくれたし。

なので、ラストの屋上での演奏シーンとかは嘘っぽく見えちゃったんだよなぁ・・・

せっかくのキリタニさんの病院での迫真の演技に感動しつつも、泣けなかったりする原因だったりして。

でもゴーオンレッドこと古原靖久は、そのまんまのイメージでバンドを引っ張ってて、ムードメーカーぶりは健在かと。

高橋ジョージがカッコよかったね。
あの歳で本気のママちゃり漕ぎはそうとう堪えたのでは(笑)
まぁ、それはともかく、病気の娘が愛おしい父の愛情がとてもよく表現されてました。
この人って役者?雛壇タレント?今は何してる人??
続きを読む
posted by いんぱら at 14:48| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。