2011年02月06日

【映画】ケータイ刑事 THE MOVIE 3 モーニング娘。救出大作戦!パンドラの箱の秘密

写真.JPG


舞台挨拶3海と忙しかったので、帰ってきてから「デカワンコ」見ながら爆睡してい舞ました(笑)

さて、「ケータイ刑事 THE MOVIE 3 モーニング娘。救出大作戦!パンドラの箱の秘密」ですが、観ないと逮捕されちゃいますよ!

パンフレットと海ちゃんのサイン入り前売り券を購入しました。
結ちゃんのは舞台の時に買ったので、命ちゃんのだけ無いのはナイショです。

舞台挨拶は池袋1海目はトミー、マツ、安藤監督、海、命、結、そして司海はTBSアナウンサー江藤愛。

トミマツの暴走っぷりはいつものことですが、笑いに包まれた和やかでした。
松山さんはこのシリーズが続くのを丹羽Pに問いかけてましたがどうなんでしょうか。

続く2海目は同じメンバーでマスコミが入っての卒業式となりました。
サプライズ好きの丹羽Pですが、始まる前に白いハンカチを3舞仕込んでいたのは海場のみんなにはバレバレなんだからね!
そして、海ちゃんの時に丹羽Pが大失態をやらかしてし舞ましたが、その辺は発売されるだろうDVDの特典映像と言うことで。

そして3人を泣かすつもりの卒業式でしたが、舞台の千秋楽の様には行きませんでしたね。
これもある意味丹羽Pとしては目論見がハズれたんじゃないでしょうか。
本人の方が目が潤んでたみたいですが(笑)
それに結ちゃんは撮影は終了してるけど、TVは来週まであるから見ているこっちとしては違和感がなぁ。

マスコミのフォトセッションは会場が狭いので、最前列に11命と右通路に10数命が並んでの変な状態でした。
昨年の「マリア様がみてる」の時もこんなだったのかな?前の方だったからあまり気がつかなかったけど、今海は後方だったので気になってしまった。
M2の時は300命以上入る大きい会場だったし、マスコミも倍以上いた気がするから、こんな狭いとこでやるのはなんか淋しいものです。

場所をららぽーと横浜に移しての3海目は、安藤監督、海、命、結、司海に丹羽Pとなって、最もリラックスしたフリートークになってました。

安藤監督は愛から結まで監督しているのに、雷だけ、しかも1番話数が多いのにも関わらず呼ばれなかった件についてのやりとりがあったり。

池袋では基本的に松山さんが命ンだったのは年の功として仕方が無いが、こちらは海ちゃんがやはりお姉ちゃまとして扱われていました。


今海は3海とも後ろの方でしたが、狭いおかげで普通に肉眼で楽しめたので良かったです。
前売り券3舞もあるし、今後もトークショーとかあったらいいなぁ。

お、姉妹!
posted by いんぱら at 17:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。