2008年09月21日

【映画】大決戦!超ウルトラ8兄弟

photo.jpg


昨日観て来た映画 大決戦!超ウルトラ8兄弟。

ネタばれありつつ、ツッコミをいれてみます。

全編、鳥肌もんの涙腺緩みっ放し(泣かなかったけど・笑)の感動作品でした。
アッコとかリョウとか卑怯でしょ!
とかいいながら、かなり雑な感じもしましたが(笑)


ウルトラマンのいない世界。
つまり、自分が子供のころに帰ってきたウルトラマンとかウルトラマンA、ウルトラマンタロウをリアルタイムで見ていたころ、将来の夢がウルトラマンになることだったんだけど、いつしか特撮と言うカテゴリーのドラマに気づかされた世界ってことですね。

そんな世界に紛れ込んできたミライ。
以前よりも芝居がうまくなってるニャー(笑)


ヒッポリトタールキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
宇宙最強のヒッポリト星人がスーパーヒッポリト星人になって帰ってキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
現実の世界にキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
子供の頃にね、5兄弟がブロンズ化されて来週に続くってなった時の衝撃は忘れられません。
でもスーパーヒッポリト星人の目がイヤだなぁ(笑)
いちばん目につく顔がアレじゃ幻滅だよ・・・
悪い顔してないんだよな〜
なんかバカにして笑ってる感じで残念でした。


ダイゴが最後の光の戦士が自分だと気づくシーンは良かったです。
それに引き換え、ティガが登場したとたんにレナやアスカ、我夢らがティガをダイゴと呼ぶのに不自然さを感じてしまいました。
そして変身するまでのもたもたしたところ。
でもダブル変身はカッコよかった。
戦闘シーンでは必殺技出すとこしか使われてないけど(笑)

あぁ、藤宮はもう一人の自分に気づかないのね(笑)



最後が全く意味わかんなかったんだけど、なんでハヤタ達がジェットビークルとかで一緒にM78星に行くんだろ?
だってさ、ダイゴは宇宙飛行士で我夢がシステムを開発した人だから同行するのはイイとして、プロ野球選手のアスカが乗り込む理由がわかんない(笑)
ってか、ハヤタ達は民間人じゃないわけ?
ウルトラマンとして認知されたと言うのか?
だとしたらジェットビークルとかはどこからでてきたのかorz
わざわざ日本丸を改造したんだから全員でコレに乗れば良かったんじゃね?
ここは純粋にお父さんたちへのサービスと思って楽しめばイイってことですかね(笑)


こういったお祭りはイイですよね。
1作品にヒーローは基本1人だと思いました。
だからこそこう言った映画や、ピンチの時に助けに来てくれる歴代ヒーローがカッコよく見えるんだと思います。
昭和の仮面ライダーがそうでしたが、平成仮面ライダーの様にたくさんでてきて善と悪がわからない様なのはチョット・・・ですね。
あ、響鬼は別ね(笑)
アレもたくさん鬼がでてくるけど、基本は各地で別々に戦っていて、ピンチの時に協力する、みたいな。
まさにウルトラマン方式ではないか(笑)


早く新しいウルトラマンが見たくなってきました。
テレビ放送復活はいつのことやら・・・
posted by いんぱら at 22:35| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ウルトラマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

大決戦! 超ウルトラ8兄弟
Excerpt:  前作もそうだったんだけど、やっぱ無条件で涙腺が緩むよな、この昭和+平成シリーズは。  今回は、観客席の子供達の反応がよかった。こないだのキバのときはマジ泣きしてたのがいたからな。しかも、どうやらキ..
Weblog: blog mr
Tracked: 2008-09-23 07:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。