2009年02月20日

匠魂 vs 極魂

image/okirakuimpala-2009-02-20T01:22:01-1.jpg

先日購入したS.I.C.極魂と、以前に引当てたS.I.C.匠魂vol.
9の仮面ライダー響鬼を比較して見ました。

どちらも未開封です。
このサイズで考えるとどちらも甲乙つけづらいディティルの良さですね。

塗装は匠魂の方が断然イイです。
響鬼特有のボディースーツのマジョーラカラー感がうまく再現されていま
す。

それに、マスクの塗装もしっかりしています。

腹筋の割れ具合もイイですね。


胸のプロテクターなんかの作りは極魂がエッジが立っていてスチール感と
言うかアルミ感みたいなのが感じられてイイです。

極魂は値段が倍になった分、可動して遊べるのが魅力なんだけど、関節が
腹筋の再現を大きく損ねてしまったのが残念です。


なんだかんだ言いましたけど、早く開封して遊べ、ってとこですよね。
posted by いんぱら at 01:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。