2009年09月06日

【個展】個展 忌野清志郎の世界

??.jpg

8月22日からラフォーレミュージアムで開催中の「個展 忌野清志郎の世界」をようやく見に行ってきました。

開店と同時に入場しましたが、展示物を見る間も無くすぐにスペシャル映像が始まるとの事で、一番奥の部屋まで進みました。
30分の日替わり映像ですが、ラストの「世界中の人に自慢したいよ」のPVの際にどうしても涙を堪えられませんでした。

また入り口まで戻ってじっくりと展示物を鑑賞してまわり、3周もしちゃいました。
だって、出るのが惜しいんだもん。

ポスター、レコードジャケット、ステージ衣装、自転車、ヘルメット、画材道具などなど。
そういえば先日、実家で見た「FEEL SO BAD」のレコードジャケットの金箔の部分が変色していてガッカリしてたんだけど、展示物もほぼ似た様な状態になっていて「なんだ、こんなものか(笑)」みたいな。
手垢とか脂とか唾液とかそんなこんなで「こんなんなっちゃった〜♪」みたいな。

ステージ衣装って、間近で見るとスゴイですね。
当然ながら触れないから質感は見た目ですけど。
ほぼ身長がいんぱらと同じなので「着てみたいな〜」なんつって。

そして絵本の原画から油絵、イラスト、スケッチとか、小学生時代に描いた漫画「週間鳩」とかTVBrosの挿絵の原画とかもろもろ。
既に作品集を購入済みなのですが、やはり実物と印刷物では感動が違いますね。
小学生の頃から漫画とか描いてるんだけど、いんぱらも実は「サーキットの狼」を真似た車の漫画描いてたの思い出しました。
まぁ、池沢先生の画をそっくり書いてて盗作なんですが(爆)

さらに、念願のタワーレコード新宿店の記念画に再びお目にかかれて幸せです。
これは諦めていた、って言うか、2度と観れない作品と思っていたのでとても嬉しかったです。

??.jpg
そしてお土産はピンクのフォトフレームとエコバック2種類を購入。
エコバック買うのにビニール袋とか紙袋に入れられたらどうしよう、とか思いましたが、やはりエコ。
全てそのまま手渡されました。
なるほど、会場内にグッズを手にしている人がいて不思議に思っていたが、こういう事だったんですね。
そして、フォトフレームには「青山ロックンロールショー」で戴いたポストカードを挿入して卓上に飾りました。

なんだかんだで2時間ほどいたわけですが、あと35分居ればよかったな、なんつって。

改めて清志郎の才能を目にして、明日からの人生をとにかく嘘の無い、楽しい、そして何かやり遂げられたらいいな、と思います。

愛と平和を

サンキュー、キヨシロー!

そしてスタッフのみなさまにも感謝します。
ラベル:忌野清志郎
posted by いんぱら at 21:50| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。