2010年05月18日

『フィリップス ヘッドフォンマラソン2010』第3回

『フィリップス ヘッドフォンマラソン2010』第3回

3回目となりましたフィリップス ヘッドフォンマラソンですが、今回はこれまでで最も廉価版のインイヤータイプです。

フィリップス ヘッドフォンマラソン(2009年)はこちらから
『フィリップス ヘッドフォンマラソン2010』第1回はこちらから
『フィリップス ヘッドフォンマラソン2010』第2回はこちらから


------------------------------
今回のアイテム・・・

PHILIPS SHE3682(3680シリーズ)
??.jpg


------------------------------
特徴は・・・

ベーシックなデザインで、長時間快適な着け心地。
極小のイヤーピース付属で、耳の小さい人でもフィットします。

??.jpg

と言うことで、いんぱらはその極小イヤーピースに交換して使っています。
既に2時間くらい聴いてますが、耳にやさしくフィットしていて違和感とか全く感じないですね。着け心地イイです。
外れる心配もほとんど感じられません。

カラーが3色あります。
モニターで届いたのはブルーですが、その他にピンクとブラックがある様です。
クリアーカラーのスケルトンボディに同色の本体が入っていて、丸みのあるデザインと併せてとてもカワイイです。
iPhone純正のヘッドホンからお手軽に替えるなら、まずはこれなんかどうでしょうかね。
でも、iPodとかよりは、WALKMANっぽいかな。
イメージです。あくまでも。

軽いプレーヤーなら、ネックストラップ風にも使用できそうなコードフックがついてます。
流石にiPhoneじゃ重いので無理でしたが・・・


------------------------------
特性は・・・
再生周波数帯域:10〜23,500Hz
音圧感度:103dB
インピーダンス:--Ω
最大入力:--mW

想定価格:1,480円

合計8本目のヘッドホンをモニターさせていただきましたが、初めて端子がクロームメッキです。
??.jpg
価格を抑えるとこういう所にも影響するんですねぇ・・・
所詮、ゴールドメッキとクロームメッキの違いを表現しろ、と言われても答えられませんけどね。
気分の問題かと。


------------------------------
付属品は・・・
??.jpg 
イヤーパッド:大・中・極小
ケース

ケースは単なる入れ物で、くるくる巻いて突っ込む感じです。


------------------------------
それではモニターしてみたいと思います!
 
 先ほども2時間ほど聴いていると書きましたが、最初は、「なんて薄っぺらい音」とか思いましたが、だんだん良くなってきた。
最初はベースが全く聞こえないと思ってたけど、今は鳴ってます。
耳が慣れたのか、スピーカーが慣れてきたのか。


------------------------------
LINDBERG「EXTRA FLIGHTU」
「今すぐKiss Me」

渡瀬マキの声がのびのびと生き生きとしてますね。
ギターとドラムがいい感じです。
ベースは控えめですが鳴ってます。

------------------------------
米米クラブ「君がいるだけで」

カールスモーキー石井の声もいいですね。
なんかボーカルがよく聴こえるのかなぁ。
中域が得意なんですかね。

------------------------------
THE BEST OB DETECTIVE CONAN 2
「青い青いこの地球に」/上原あずみ

もともとの入力レベルが高いみたいで低域がかなり前に出てしまってますが、満足いく音とはちょっと違うような・・・
上原さんのボーカルはかわいいねぇ(笑)

ちなみに、同アルバムの中の「always」/倉木麻衣は、低域がバリバリに割れてしまう程の迫力です。

------------------------------
大塚愛「LOVE PiECE」
「PEACH」

これまでの中で最もバランスがイイですね。
低域から高域までなんのストレスも感じない。
明るく、それでいて深みがあるなぁ。
「花君」がまた見たくなってきた(笑)


------------------------------
≪評価≫
着け心地
★★★★★
パッドを極小に付け替えました。
ジャストフィットです。
外れる心配ありませんでした。
軽いです。
不快感などといったものは一切ありませんでした。
むしろ着けていることを忘れそう。

音質
★★★☆☆
全体的に明るく軽い感じ。
聴くものによって向き不向きを感じてしまった。
ボーカル向きかな。

総合評価
★★★☆☆
デザインと着け心地は文句ありません。
音質はやはりお値段なりのものかと。
きっと、これまでにいいヘッドホンをいただいてきたヘッドホンマラソンのせいで感覚が良くなってるんだと思います。
純正からの、特に携帯電話の純正なんかから交換したらきっと感動レベルは達すると思います。

試聴プレーヤーはいつも通りiPhone。
CDからiTunes経由で原音のままDLされるのでアルバムごとに感度が違うんだよね。
MDなど録音時に入力レベルを変えられる様なメディアだったら曲に左右されることは無いかもしれません。
なので、いままで過去のヘッドホンマラソンで低音がどうとか高音がどうとか書いてきたけど、やはりその辺がはっきり分かっちゃいますね。
例えば、同社のSHE9700なんかは、どれを聴いてもそういった細かい差を補えるだけの実力があったんだと思います。
きっと。
表現力が高かったんでしょうね。
なので、ボリュームの調整がタイトルごとに必要になってしまうのは残念です。

先日、友達が某家電量販店でヘッドホン買う機会があったんだけど、その人はとにかく安いの、と言うことで1,000円でお釣りが来るものを選んでましたが、もうちょっと早くこのシリーズを知っていれば同シリーズの3580シリーズ(こちらは5色展開だとか)を是非お勧めしたかったですね。


------------------------------
この記事は、『フィリップス ヘッドフォンマラソン2010』に参加してPHILIPSより商品提供を受けて掲載しています。

また、現在PHILIPSでは、50周年キャンペーンを実施中です。
詳しくは下記バナーをクリック!!

headphone_banner.jpg

http://www.philips.co.jp/blogmarathon

------------------------------
お買い物はこちらから


色違いはこちら




同音質ながら1,000円を切る3580シリーズ




比較にしたSHE9700はこちら


試聴CDはこちら



リンドバーグのCDは同じのは無いみたいですね・・・
posted by いんぱら at 23:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。