2006年09月23日

【映画】フラガール

いんぱらのホームグラウンド、平塚CINEPLEXで、
本日より公開の映画・フラガール観てきました。
面白そうだな、程度の軽い気持ちで行ってきたんですが・・・

ものすごく良かったです!



画像はパンフレット(800円)です。
B5サイズで表紙が硬い、まるで本って言うか、写真集ですね。

ネタばれ有ります♪昭和40年の常磐炭鉱が舞台。
世の中の主力エネルギーが炭から石油に代わる時代背景で、
本州最大のこの炭鉱場も人員削減を迫られることに・・・

そんな時に、炭を掘るのに汲み上げる無駄な温泉を利用してスパリゾート・常磐ハワイアンセンターを造ることになり・・・

その集客の目玉、フラダンスを踊る町の娘らの指導をすることになった、元SKD(松竹歌劇団)・平山まどか(松雪泰子)と町娘の生徒や、町の人々の変わって行くお話。


いわゆるサクセスストーリーですね。

いきなり何しゃべってるか判らない、ってか、かろうじて伝わる訛ってる紀美子(蒼井優)がカワイイ(笑)

最初に訪れる感動シーンは、なんと言っても、まどかの一人フラダンスのシーン!
迫力と情熱というか、なんだろう、かなり訴えるものがあって素敵でした。

続いて訪れる感動シーンは、早苗(徳永えり)との別れのシーン!
まどか先生の気持ちに入り込んでしまいました。
言葉で表わせなくても充分伝わりましたね。

さらに訪れる感動シーンは、しずちゃん演じる小百合が、父の事故を知りながらもプロのダンサーとして乗り越え踊る決意をするシーン!
ダンサー達とまどか先生との絆が深くなったいい場面でしたね。
ただ、帰ってきて身内や、町の人々から責められるのが辛かったなぁ・・・

そんでもって訪れる感動シーンは、早苗から届いた小包をダンス教室に届ける紀美子の母(富司純子)が目にする、娘・紀美子の練習シーン!
この後のストーブを集める辺りに喧嘩別れしていながらも母親としての愛情とかが伝わって良かったです。

で、最大の感動シーンは、夜の駅でのまどかを引き留めるフラダンス!
フラダンスの手の動きは手話と言うことを上手く使ったシーンでしたね。
ここは素直に泣きそうでした。鳥肌立ってましたよ!!

最後の常磐ハワイアンセンターのオープンの日。
ダンサー全員が生き生きと踊るシーンは見物です!
特に紀美子の一人のダンスシーンは、うっかり拍手をしそうなくらい、迫真のダンスでした。
母の喜び様は、観ていて気持ち良かったですね。


期待以上の作品です。お勧めです!
寺島進さんとか高橋克実さんとかもいい役こなしてます。
そうそう、豊川悦司と松雪泰子の恋話とかあるかと思ってましたが(笑)

それから、ジェイク・シマブクロの楽曲もここちの良いサウンドでしたね。


さて、来週は【涙そうそう】を観る予定です♪
posted by いんぱら at 20:40| Comment(0) | TrackBack(3) | 2006映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画 DVD 気ままなブログに気ままに観に来てください。
Excerpt: 日本映画や海外映画、ドラマのジャンルを問わずに気ままにピックアップしています〜よかったらこれから見ようとしている映画やDVDの参考にしてください。
Weblog: 映画 DVD 気ままなブログ
Tracked: 2006-09-24 20:24

しずちゃんの演技に号泣! 今、最も“泣ける”映画はコレ
Excerpt: 雑誌「Weeklyぴあ」調査による、9月23日(土)公開の映画満足度ランキングでは、“泣ける”と評判の『フラガール』が、92.8点という高得点をたたき出し、1位となった。2位には家族のあり方を問う『紀..
Weblog: 芸能☆極秘☆ニュース
Tracked: 2006-09-28 19:39

フラガール
Excerpt: フラガール(ふらがーる)はシネカノン制作・配給の、2006年9月23日全国公開した日本映画です。
Weblog: 気ニナルコトバ
Tracked: 2006-10-04 23:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。