2006年12月23日

【映画】海でのはなし。



夕べ、渋谷のユーロスペース2で、「海でのはなし。」観てきました。
仕事で都内にいたついでだったのですが、偶然トークショーもあってラッキーでした。
でも、監督の大宮エリーさんはいいとして、なんで宮崎あおいちゃんじゃなくって板尾創路なんだろう?
とか思いましたが、なかなか楽しいトークショーでした。

海でのはなし。
スピッツの曲から作られた物語。
当たり前だけどBGMは全てスピッツ。かなりイイです。
どうやらスピッツのシングル集のCDのCMがきっかけの様ですね。

撮影日数はなんとたったの2日間だとか!
なんて無謀な(笑)


楓を演じる宮崎あおいはやっぱりかわいかった(笑)
好きな人に抱きしめてもらおうと一生懸命な一途なとこが輝いてますね。

博士(ひろし。でも楓からハカセと呼ばれている)役の西島秀俊さんはお兄さんな感じでしたね。
恋人に、ってよりもやっぱお兄さんですかね。
ドラマ「アンフェア」の瀬崎を思いだしますが(笑)

脇役に勝野洋が父親役でほんの少しだけでてますが、後は楓のセリフの中で重要な役をしています。
博士の父親役に穂積ペペ。こちらも博士を悩ませる存在ですね。


これといった感動とか、感じるものがなかったなぁ・・・
ただ、あおいちゃんがかわいいとか(笑)
帰りの電車の中では「ロビンソン」がリフレインしてました・・・


上映後に、板尾創路が主演?している大宮エリー監督による誰か(初めて聴く歌なので誰だかわからんのですよ・・・確かマルコとか言ってたような・・・)のPVが流れました。
劇場内、爆笑でした。コント仕立てのPVなもんで(笑)
だって星一徹並みのちゃぶ台ひっくり返しをスーパースローとか、
嫁に思いっきりビンタ(これもやはりスーパースロー)されたり、
最後の落ちもかなり笑えました。

それでトークショーのゲストが板尾だったのに気がついたりして。
で、そのトークショーですが、肝心の映画の話しをせんと、
このPVの撮影裏話で盛り上がっていて(笑)
ま、司会の子が出会いのきっかけは?とか聞いたとこから間違えてるんですけど。


終電を気にしてか、この後の予定があったのか知りませんが、
トークショーの前に席を立つ失礼な人がいて驚きました。
ファンじゃないにしても、今観たばかりの作品の監督のトークショーなんだから見てけばいいのに・・・
とか思うんですけど。
たった20分程度なのにね。
posted by いんぱら at 23:21| Comment(0) | TrackBack(2) | 2006映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

海でのはなし。
Excerpt: CMプランナー、コピーライター出身の大宮エリーが、スピッツの音楽をモチーフに、不器用で心優しい男と女の淡く切ない恋を描く監督デビュー作。主演は『ユリイカ』『NANA』『ただ、君を愛してる』の宮崎あおい..
Weblog: ショウビズ インフォメーション
Tracked: 2006-12-29 17:05

【2007-1】海でのはなし。
Excerpt: スピッツの音楽から、やさしい物語が生まれました誰かを大事に思うこと。ちっぽけだけど、いちばん大切なこと。ちいさなちいさなラブストーリー
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2007-01-08 21:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。