2007年02月18日

【映画】ゆれる

先週の2/10、1日3本観賞の締めくくりに選んだのは、同日から1週間の限定で厚木テアトルシネパークで上映された、ゆれるを観てきました。

昨年の作品の中でも評価の高い作品だけに期待していました。
1年ぶりに帰って来た弟に彼女を取られたって感じ?
結婚も考えていた兄としては、怒りの矛先は彼女に向いてしまったのか?
実際、弟が目にした光景は事件だったのか、事故だったのか?
兄・弟・彼女のそれぞれの心の「ゆれる」なんでしょうか。

それぞれの気持ちが消化不良気味です(笑)
作品に全ての答えを求めちゃ意味がないんだろうけど、それぞれの本音が読み取れなくて・・・って感じです。
スッキリしないので、もう一度観直したいなぁ、と。

「それでもボクはやってない」を先に観てしまったせいなのか、裁判が被ってしまって印象が弱くなってしまった気がするのが残念でした。




posted by いんぱら at 10:41| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 2007映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『ゆれる』
Excerpt: あの橋を渡るまで、兄弟でした。     ■監督・原案・脚本 西川美和■キャスト オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、蟹江敬三、 木村祐一、田口トモロヲ、..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2007-03-23 17:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。