2007年04月02日

【映画】蟲師

先週の土曜日、3/24の公開初日にレイトショーで蟲師を観てきました。

毎度のことですが、原作をまったく知りませんし、興味もありません(笑)
もちろん「AKIRA」も「スチームボーイ」も見たこともございませんが、何か?

精霊でも幽霊でも物の怪でもない、
妖しき生き物「蟲」。
100年前の日本。
「蟲」と「ヒト」をめぐるファンタジー。

この世の不思議は

「蟲」の仕業かもしれない−。

公式ページより)

百年前の話だってからビックリでしたが。
町では電気が登場し始めた時代との事です。

ギンコを演じるオダギリジョー。
何をやらせてもカッコいいんだけど、鬼太郎みたいですが(笑)

同時進行していたぬい(江角マキコ)とヨキの話が繋がった時にギンコの過去が見えてきて、この作品の全体が理解できます。

雪山で宿を借りた家で、早速「蟲師」の腕前を披露してくれましたが、世間に受け入れられる仕事なのか、ちょっとドキドキしながらの冒頭のシーンを見てました。
ほら、「どろろ」の時は魔物から村を救ったのに「お前も魔物だ!」って、石投げられるとこがあったでしょ、あんな感じの扱いを受けるんじゃないかと心配だったんですよ。
でも、しっかり薬を売って商売してるのに笑えて安心しました。
これが「富山の薬売り」の始まりかもね(笑)

淡幽との淡いコイバナもイイですね。
一所にいれないギンコと、一所にしかいれない淡幽。
蟲を愛でつつ、蟲を封じることができる二人。
しかし、蟲とつき合いながらでしか生きられない二人。

(パンフレットP.16より)
そんな2人の淡いシーンが挿入されていて別の世界になってますが、とてもキレイでステキでした。

最後のぬいとの再会も悲しいですね。
封印したのか、あのまま生かしたのかは良くわかりませんでしたが、唯一の悲しい場面でした。


VFXってのが良くわかりませんが、つまりはCGのもっとスゴイの、って感じですか?
パンフレットによると、「土砂崩れ」と「蟲の表現」の様ですが。

蒼井優が演じる淡幽の全身にはびこる痣もそんな技術からなのか?
それとも特殊メイクなのだろうか・・・
どちらかと言うと、動きに関係ないから特殊メイクだね(笑)
ただ、そうなると、あんな姿でいた優ちゃんが気の毒ですねぇ・・・

じゃぁ、菜箸で文字を掴んで踊る様に封印するシーンがVFXですね。
あれも彼女の演技力がスゴイです。
東がやると「くいタン」になっちゃいますけど(笑)

そんな優ちゃん、オーディションを受けてこの役を手にしたとの事。
「過去の蒼井優の作品での評価では無く、現在を見てもらいたかったから」とテレビのインタビューで語ってましたが、なかなか立派な女優さんですね。カッコいいです。
それだけこの作品に参加したかった事が伝わってきますね。
「フラガール」以来、すっかり虜になってしまいましたが、撮影期間が1週間にも係わらず、作品に見事に溶け込んでいました。


動く虹を追いかける虹郎(笑)
大森南朋さんも好きな俳優です。
「火消し屋小町」以来の気になる方です。
最近では「それでもボクはやってない」で独特な雰囲気を出してましたが、今作でもギンコの世話をしながら優しい、人懐っこい役を見事に演じてます。
最近、主役クラスになりつつあるのが個人的には心配ですが(笑)


今でもこんなところがあるのか、と関心する程のロケ地が自然に溢れた綺麗なとこばかりでした。
作風も独特な感があり、大友克洋監督の「天才」と言われるのもなるほど、と関心するステキな幻想的な作品でした。
今度は淡幽側からの「蟲師」も観たいんですけど(笑)
大友監督、宜しくお願いします♪
posted by いんぱら at 08:00| ☁| Comment(3) | TrackBack(11) | 2007映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も映画の日を利用して、観てきました。
(昨日は、「ケータイ」「蟲師」「アンフェア」と3本観ましたが、この映画が一番“?”でした。原作を知らないためかと思っていましたが、Yahooのレビューを見ても私と同じように感じた方がいらっしゃるようです。気に入った作品は、2〜3回映画館に行くのですが、この作品に関しては、DVDになっても見ないかもしれません。
次に観た「アンフェア」は、充分楽しめました。
Posted by イト at 2007年04月02日 19:17
>イトさま

ケー刑事6代目に関する情報ありがとうございました!
横浜スタジアムには行けませんが、どんなイベントになるのか楽しみですね♪

この作品は、観る人を選びますね。その辺は「ケー刑事」と一緒だ(笑)
でも私は、面白かったですね。
蒼井優が主人公なら大絶賛でしたが。
Posted by いんぱら at 2007年04月04日 00:13
え〜、ご無沙汰してます、isayaです^^;

いやあ凄くよかったですよ『蟲師』!
まあ、原作をずっと連載で追っ掛けてたり、アニメ版もほぼ全部見てたりするからなのかも知れませんが(笑)
原作の空気感がそのまま映像になってて、徹夜明けの朝イチで観に行ったのに、眠くならずに引き込まれてました。
江角マキコが周りとテンポが違ってて、若干浮いてたのが・・・。でしたが(笑)
オダジョーのいわゆる「自然体演技」もひそかに不安材料(笑)だったんですが、これはしっくりきてましたね。
そして蒼井優!実は「実写かあ…」と、不安で観る気がなかった僕の背中を押したのは、端然と座る淡幽、のスチルを見たからだったりします(笑)
イメージよりちょっと幼いか…?とも思いましたがなかなかよかったです。
ただ二人の関係をはっきり「好き」と言わせてしまったのはちょっとなあ。原作でどうだったかはちょっと定かでないんですが
そこは台詞じゃなく雰囲気で「言って」欲しかった^^;

あと原作知ってるとニヤリとするシーン(虹郎と出会うシーンで繭から虫食いの手紙を取り出すとことか)があったりします。
機会があれば是非御一読ください!
Posted by isaya at 2007年04月17日 12:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【2007-42】蟲師(むしし)
Excerpt: 精霊でも幽霊でも物の怪でもない、 妖しき生きもの「蟲」(むし)。 100年前の日本。 「蟲」が引き起こす不可思議な現象を解き明かし、 人々を癒し、救う者を「蟲師」(むしし)と呼んだ。 ..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2007-04-02 19:45

蟲師
Excerpt: 100年前の日本には、蟲がいた・・・
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2007-04-04 22:20

映画「蟲師」
Excerpt: 映画「蟲師」に関するトラックバックを募集しています。
Weblog: 映画専用トラックバックセンター
Tracked: 2007-04-05 15:58

映画「蟲師」
Excerpt: 「スチームボーイ STEAMBOY」の大友克洋監督作品。妖しき生きもの“蟲”が存在した100年前の日本を舞台に、蟲を鎮め人々を癒す能力を持つ“蟲師”ギンコをめぐる神秘の物語が、膨大な労力を費やして行わ..
Weblog: しょうちゃんの映画ブログ
Tracked: 2007-04-05 16:33

『蟲師』舞台挨拶@新宿ミラノ1
Excerpt: オダギリジョーついに結婚!?相手方の母親とも話はもうしていて、何の障害もないそうで(笑)ということで、オダギリジョー結婚発表記者会見・・・ではなく映画『蟲師』舞台挨拶へ行ってきた。 今日は、役所広司・..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2007-04-07 11:47

★「蟲師」
Excerpt: いやいや、五作連続して「は行」の作品見てたけど・・・途切れてしまいました。 ホントは「ブラックブック」を見る予定だったけど、時間が合わず断念。 でも、こっちの作品はオダギリジョーに蒼井優だもんねっ..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2007-04-09 01:09

蟲師
Excerpt: スクリーンで感じる森林浴。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2007-04-12 18:11

蟲師 −むしし−
Excerpt:  原作は未読なので、映画がどれくらい原作に近いかはわかりませんが、泉鏡花からの強い影響が感じられる伝奇映画です。  また、溝口健二『雨月物語』を彷彿とさせるとこ
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2007-04-20 03:04

蟲師 [Movie]
Excerpt:  映画(DVD)「蟲師」(大友克洋:監督/漆原友紀:原作)  蟲師 (通常版)video maker(VC/DAS)(D)このアイテムの詳細を見る  半年ちょい前の公開時、  主演のオダジョーが初日..
Weblog: miyukichin’mu*me*mo*
Tracked: 2007-10-21 00:42

蟲師−(映画:2007年131本目)−
Excerpt: 監督:大友克洋 出演:オダギリジョー、大森南朋、蒼井優、りりィ、李麗仙、稲田英幸、守山玲愛、江角マキコ 評価:75点 公式サイト (ネタバレあります) まったりと、癒されなが..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2007-11-21 22:57

反逆R2&蟲師
Excerpt: 反逆R2はゼロが立て篭もってるタワーを倒して総督が死亡など色々あって 今回はゼロが中華連邦と結託で宣戦布告したし嘘弟のロロはギアス持ちで スザクは友達のルルーシュを売り渡す悪い部分も出たし展開が..
Weblog: 別館ヒガシ日記
Tracked: 2008-04-14 21:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。