2007年06月11日

【映画】恋する日曜日 私。恋した

070610_220227.jpg


恋する日曜日 私。恋した

6/9の土曜日に新宿トーアで舞台挨拶の上映を観てきましたるんるん

これまでの真希ちゃんと言えば、ブルーとかオレンジのワンピースみたいのとかドレスみたいなのが勝手にイメージされるんですけど、今回は黒ですよ!
それにぴかぴか(新しい)シルバーっぽい感じのインナーをあわせて、髪を後で束ねて大人っぽい真希ちゃんでした揺れるハート


最初にこの作品のプロデューサーの丹羽多聞アンドリウさんが司会進行役で登壇。
続いて堀北真希ちゃん、窪塚俊介さん、岩本千波ちゃん(子役)、脚本の渡辺千穂さん、最後に廣木隆一監督。
なんと言っても、千波ちゃんが全て持っていった感じでしたが(笑)
驚いたのは、渡辺千穂さんが美人だったこと!
睦月さんもお綺麗な方ですが、千穂さんもかなりの美人さんでしたね〜るんるん
なんか、真希ちゃんばっかり見てたので、丹羽Pがセーターを肩からかけてたかを確認するの忘れてた(笑)
まぁ、舞台挨拶の模様は各紙のHPなどで参照してください。
それにしても記者向けの撮影セッションがすごい長かったですねぇ〜!
この間の「ケータイ刑事M2」の時の夏帆ポン&小出さんの2人の時の3倍以上だったんじゃないでしょうかね。
全員、窪塚さんと2人、と撮影の後に真希ちゃん1人でさらに撮ってましたからね。
おかげでかなり長い時間、真希ちゃんを見つめていられましたが揺れるハート

じゃ、本編についてなんか・・・
ネタばれにご注意下さい。


高校3年生で余命3ヶ月。
最後に初恋の人に思いを伝えに会いに行く・・・
死が迫る恐怖とか絶望とかが描かれたのでは無く、残された時間を大切に生きることを選んだところに救いがありました。
現実的では無いでしょうけど。

「アルゼンチンババア」同様、昨年の秋の撮影で、リアル高校3年生を演じた作品が続きました。
まだまだ制服のイメージの真希ちゃんですが、来月は男子高校生に扮するとかexclamation&question
って言うか、宣材に使われる画像ですけど、本編のどこに制服があるんだい!
って、ツッコミたくなりましたが。
あれ?最初の病院のシーンは制服だったっけ?


今回は珍しく先に小説を読んでからこの作品を観ました。
てっきり、脚本と小説は同じだと思っていたので、冒頭の銚子電鉄がカットされてたり、神社に行く順番が違ったりと少々ガッカリなところも・・・

まぁ、そんなことはどうでもいいんでしょうけど(笑)
何しろ、ギター演奏の2カット以外に全て真希ちゃんがいるのがスゴイなぁ〜って!
なぎさとしては、病気の女の子なので、カワイイって部分はほとんどないんですけど、水遊びのとこなんかかなり素で遊んでたんじゃないでしょうか。

テレビ同様に出演者の少ないこの作品。
相手役の窪塚俊介さんの演技もしっかりしていたので、安心して最後まで観れました。
これが新人の棒だったら、ホラーよりも恐ろしいことになってたでしょうね(笑)
吹越満さんなんか、よくアレだけで出演してくれましたよね(笑)
若松武史さんの電話のシーンは切なかったですね。
怒らないで話を聞いてくれるなんて、そうそうできませんよ・・・

パンフレットにも書いてありましたが、ラストで真希ちゃんが実際に泣けなかったそうで、それを上映前に読んじゃったおかげで、泣くことができませんでした・・・
って言うか、ラスト付近は廊下から記者の方たちの話し声とかが漏れてきて気になってたのもあると思いますけど。

って言うかそのパンフレット。
12ページで600円って、どんだけ〜!

小説はこちら


ビジュアルブックはこちら


その他の堀北真希ちゃん関連のDVDとか

あるいは堀北真希ちゃん関連の書籍とか
posted by いんぱら at 00:08| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 2007映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
睦月さんは「舞・7話」と「雷・2nd.9話」に出演されていますが、千穂さんは「恋日・3rd.13話」に出演されていました。

一番驚いたのは、本作にパンフレットがあったことです。またもプレスシートで200円か300円だろうと思っていましたから...
Posted by MEICHIKU at 2007年06月11日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。